足のトラブル

主な原因は姿勢や歩き方の影響が大きいと思われます。また、スポーツが原因による疾患も考えられます。 生活に支障が出やすい部分ですので、早めのご来院をおすすめいたします。

捻挫(前距腓靭帯損傷)

ハードに走り回るスポーツにおいて、疾走状態で足を踏みはずしたり、他の選手の足の上に着地するなどして負傷することが多いとされています。
外くるぶし周辺が、内出血して腫れてきます。また痛みのため歩きにくくなります。小学高学年から中高までの学校のスポーツ外傷で、最も頻度が高いケガです。

靭帯損傷の場合には痛みがそれほど強くない場合もあり、病院にかからない人もいらっしゃるようです。放置すると足首の不安定性を残してしまう場合もあり、注意が必要です。足関節は、体重を支えるために多大な負担がかかる箇所です。当院では、早期回復のためのギブス固定やサポーター、テーピングを使用します。また、患部の痛みを軽減して組織の回復力を高める電気治療や温熱療法、足部周辺の強化トレーニングを行い、後遺症・再発予防にも力を入れています。

シンスプリント(過労性骨膜炎)

走ることが多いスポーツを行っている人に多く、運動時や運動後に下腿(かたい: ひざから足首までの部分)の内側に痛みが起こります。
過労性脛部痛(ひろうせいけいぶつう)」とも呼ばれています。 
痛みを我慢して走っていると走れなくなってしまい、病院で疲労骨折と診断されて長い間運動を中止せざるおえないこともあります。

外反母趾

外反母趾

足の親指が小指の方に曲がっていく症状の総称を指します。
体重を支える足は、靴など履物によって締め付けられることで変形してしまうことがあります。
足に合わない靴を履いている場合に多いとされ、女性に多く見られます。特にかかとの高い靴を長時間履いている場合になりやすいと言われ、症状の進行によって痛みを覚え、歩行や起立のたびに痛みを感じることもあります。

偏平足障害

偏平足障害

足部の縦アーチが少なく、力学的に弱いために歩くときに過剰な足の内側ひねりを起こし足底筋膜(そくていきんまく)や後脛骨筋(こうけいこつきん:ふくらはぎの後ろの筋肉)に過剰な負担がかかって痛みを生じるようになります。
ランニング時の足底または足部内側の痛みがあることも特徴です。


当院対応傷病名

医療機関に行かれて以下の診断を受けられた方は宝泉坊リメディアル整骨院へ
お越し下さい。
適切な治療とアドバイスをご提供させていただきます。
早めの通院、早めの治療を開始しないと後遺症になる恐れもあります。
日常生活やスポーツによるケガ、交通事故に遭われた際はいち早いご相談・ご来院をお願い致します。

首(頸部)
頸椎捻挫、頸部捻挫、頸椎挫傷、外傷性頸部症候群、むち打ち症、頸椎椎間板ヘルニア、外傷性頸椎椎間板ヘルニア
肩
肩関節捻挫、肩鎖関節捻挫、肩関節挫傷、肩関節腱板損傷、肩腱板損傷、肩打撲傷、外傷性関節拘縮、肩峰下骨液包炎、肩鎖関節脱臼、肩関節脱臼
胸・背中
胸椎捻挫、胸腰椎捻挫、背部挫傷、胸背部痛、胸椎圧迫骨折、肋軟骨損傷、肋骨骨折
腰
腰椎捻挫、腰部捻挫、腰部打撲、腰臀部打撲、根性坐骨神経痛、外傷性根性坐骨神経痛、腰椎間板ヘルニア、外傷性腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎横突起骨折、尾骨骨折、外傷性腰椎椎間板症
骨盤・股関節・大股
骨盤骨折、仙骨骨折、仙腸関節脱臼骨折、仙腸関節脱臼骨折後骨盤痛、坐骨骨折、恥骨骨折、恥坐骨骨折、寛骨臼底骨折
腕・肘・手首・指
内外側靭帯損傷、肘打撲、肘挫傷、肘骨液包炎、肘関節拘縮、前腕打撲、橈骨骨折、橈骨頭骨折、尺骨骨折、橈骨尺骨骨折・尺骨神経障害、TFCC損傷、三角線維軟骨複合体損傷、示指基節骨骨折、拇指基節骨骨折、拇指末節骨開放骨折・拇指IP関節拘縮
ひざ
膝打撲、半月板損傷、内外側靭帯損傷、前後十字靭帯損傷、膝蓋骨脱臼
太ももから足先
足関節捻挫、脛腓関節捻挫、下腿部挫傷、脛骨骨折、脛腓骨骨折、脛骨近位部骨折、脛骨高原骨折、中足骨骨折、足趾部骨折

対応地域一覧

愛媛県全域、西予,八幡浜,大洲,宇和島の各市、喜多郡,西宇和郡,北宇和郡,南宇和郡の各郡、南予地域、日吉,鬼北,野村,城川,松野,愛南,伊方,内子町

対応できる症状一覧

マッサージ,リメディアルマッサージ,アロママッサージ,スタイルアップ,交通事故,後遺症,むち打ち,労災,捻挫,打撲,腰の痛み,ぎっくり腰,坐骨神経痛,椎間板,ヘルニア,寝違え,首こり,肩こり,三十肩,四十肩,五十肩,変形性,関節症,OA,膝の痛み,O脚,X脚,ばね指,腱鞘炎,肉ばなれ,冷え性,むくみ,しびれ,リハビリ,背骨,骨盤,矯正