肩のトラブル

五十肩

五十肩とは40歳以上の人から多く発症し、特に50歳代の人に多くみられる肩の痛みや腕の痛みです。
特にはっきりした原因がないのに肩から上腕部にかけて痛みがあり腕が上がらなく、手が後ろに回らなくなる症状の俗称で、医学的には「肩関節周囲炎」(かたかんせつしゅういえん)といいます。
利き腕に関係なく発症し、まれに両側性に発症することもあります。老化で肩関節の周囲の軟部組織が滑らかに動かなくなり摩擦を生じて炎症を起こし、肩の痛みや運動制限が現れます。

腱板損傷

腱板損傷の図説

『腱板』とは、肩関節の比較的奥の方にある
棘上筋(きょくじょうきん)
棘下筋(きょくかきん)
肩甲下筋(けんこうかきん)
小円筋(しょうえんきん )

という筋肉群のことを指す名称です。
肩の動きは、単純に見えて結構複雑な動きを
しています。
腱板は、その『肩関節』の微妙な動きを
コントロールする役割をしています。

損傷の原因として以下の項目などが挙げられます。

▼損傷の原因
  • ① スポーツやトレーニングなどで腕を振り上げる動作を繰り返し「骨」と「腱板」が
     衝突することで痛める。
  • ② 加齢により腱板が変性(弱くなる)ことで、日常生活動作の負担を繰り返すうちに
     細かい損傷が重なり痛める。
  • ※50歳以上の4人に1人は、『腱板』に何かしらの異常が起こっていると言われて
     います。
▼『腱板損傷』で起こる自覚症状
  • ① 夜間痛
     夜寝ているときに、疼いて眠れない、痛みで目が覚めてしまう。
  • ② 運動痛
     肩を自分で横から天井に向かってあげるときに60~120° の範囲で痛む。

もし、このような症状が出た場合は、安静にして早めの来院をおすすめ致します。

投球肩障害(野球肩)

投球障害肩とはボールの投げすぎや、間違ったフォームによって継続的に肩 へ負担がかかり続けることによって、肩周辺の筋肉や関節などが損傷し炎症や痛みが発生する障害の総称で、野球肩とも呼ばれます。
野球肩の代表的な症例が腱板損傷です。主にテイクバックからトップを作る時に腱板が肩関節に挟まれる、もしくは肩関節と腱板が衝突することによって起こる障害です。
炎症や痛みなどの症状が出た場合は必ず投球することを止め、早めのご来院をおすすめいたします。


当院対応傷病名

医療機関に行かれて以下の診断を受けられた方は宝泉坊リメディアル整骨院へ
お越し下さい。
適切な治療とアドバイスをご提供させていただきます。
早めの通院、早めの治療を開始しないと後遺症になる恐れもあります。
日常生活やスポーツによるケガ、交通事故に遭われた際はいち早いご相談・ご来院をお願い致します。

首(頸部)
頸椎捻挫、頸部捻挫、頸椎挫傷、外傷性頸部症候群、むち打ち症、頸椎椎間板ヘルニア、外傷性頸椎椎間板ヘルニア
肩
肩関節捻挫、肩鎖関節捻挫、肩関節挫傷、肩関節腱板損傷、肩腱板損傷、肩打撲傷、外傷性関節拘縮、肩峰下骨液包炎、肩鎖関節脱臼、肩関節脱臼
胸・背中
胸椎捻挫、胸腰椎捻挫、背部挫傷、胸背部痛、胸椎圧迫骨折、肋軟骨損傷、肋骨骨折
腰
腰椎捻挫、腰部捻挫、腰部打撲、腰臀部打撲、根性坐骨神経痛、外傷性根性坐骨神経痛、腰椎間板ヘルニア、外傷性腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎横突起骨折、尾骨骨折、外傷性腰椎椎間板症
骨盤・股関節・大股
骨盤骨折、仙骨骨折、仙腸関節脱臼骨折、仙腸関節脱臼骨折後骨盤痛、坐骨骨折、恥骨骨折、恥坐骨骨折、寛骨臼底骨折
腕・肘・手首・指
内外側靭帯損傷、肘打撲、肘挫傷、肘骨液包炎、肘関節拘縮、前腕打撲、橈骨骨折、橈骨頭骨折、尺骨骨折、橈骨尺骨骨折・尺骨神経障害、TFCC損傷、三角線維軟骨複合体損傷、示指基節骨骨折、拇指基節骨骨折、拇指末節骨開放骨折・拇指IP関節拘縮
ひざ
膝打撲、半月板損傷、内外側靭帯損傷、前後十字靭帯損傷、膝蓋骨脱臼
太ももから足先
足関節捻挫、脛腓関節捻挫、下腿部挫傷、脛骨骨折、脛腓骨骨折、脛骨近位部骨折、脛骨高原骨折、中足骨骨折、足趾部骨折

対応地域一覧

愛媛県全域、西予,八幡浜,大洲,宇和島の各市、喜多郡,西宇和郡,北宇和郡,南宇和郡の各郡、南予地域、日吉,鬼北,野村,城川,松野,愛南,伊方,内子町

対応できる症状一覧

マッサージ,リメディアルマッサージ,アロママッサージ,スタイルアップ,交通事故,後遺症,むち打ち,労災,捻挫,打撲,腰の痛み,ぎっくり腰,坐骨神経痛,椎間板,ヘルニア,寝違え,首こり,肩こり,三十肩,四十肩,五十肩,変形性,関節症,OA,膝の痛み,O脚,X脚,ばね指,腱鞘炎,肉ばなれ,冷え性,むくみ,しびれ,リハビリ,背骨,骨盤,矯正